10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

2013年秋の新刊情報(4)

皆さん、おはようございます。

片岡先生の新刊本の発売が始まりました。

左側のバーの中の画像もしくは下記のタイトルをクリックして下さい。

さらにその下に、前書きの一部を掲載致しました。






あなたが儲かる馬は「競馬番組表」の中にいる!●まえがき

 これまでの著作を通して言い続けた事だが「競馬番組表」は年毎の季刊毎のオペレーションの機軸となる事柄を、ファンが馬券を購入する上で何の不具合も感じさせないシステムの変更によって秘かに、しかし明確に示して来た。
 その典型とも言えるのが2000年のJRA国際化計画発足以来、5回にわたって投入され続けて来た新型馬券の発売である。

(中略)

 そしてその歪んだ造形は今春のディープブリランテにも共通している。やがて新しいWIN5発売システムか、その延長線上で展開する。例えば「JPn」的新機軸の導入が無い限り、この先の世代の馬達もかつての過渡期の馬達、ロジユニヴァースを思い出してもらえば良いが、産湯とクラシック期を異なるシステム下で過ごさざるを得ない屈折した存在にならざるを得ないのだ。
 流れからいってそうした宿命の世代は最低でも3年、つまり2013年の皐月賞直前まで続いて誕生して来るだろう。今、私達はそうした混沌の許で菊花賞を秋・天皇賞を、そして9日番組開催8日目戦有馬記念を迎えているのだ。


スポンサーサイト

2012年秋の新刊情報(3)

皆さん、おはようございます。

早速ですが、片岡先生の新刊本御予約が始まりました。

左側のバーの中の画像もしくは下記のタイトルをクリックして下さい。



2012年秋の新刊情報(2)

皆さん、こんばんは。

2012年秋の新刊本のカバー(表・裏表紙)のキャプションです。


あなたがかる馬は

「競馬番組表」の中にいる!


~武装するJRAを完全制圧する最強の馬券術~


片岡勁太 著

メタモル出版

1990年『恐るべき競馬の本』で衝撃のデビューから20年―

「競馬番組表」に仕組まれたオペレーションを解読し、あらゆる競馬必勝法の中で、異彩を放ってきたカリスマ・片岡勁太。

“JRA競馬は同じことを繰り返すゲームなのだ”

2012年。残されたG1はすべて、読み切った!


人は誰もが同じようなものを喰い、
似たような服を着て、
何時もと変わらない揉め事の周りをあくせくしながら、
皆並んで齢をとる。

だからあなたが競馬場で過ごせる時間は、
自分が考えているよりずっと少ないだろう。

丁度、今の私がそうであるように。

ほとんどの男達にとって、
競馬場は沢山の馬で飾り立てた大きな宝クジ売り場である。

だからそこで買えるのは馬券ではなく、
ロマンというブランド名の付けられた時々5等が出るだけの宝クジなのだ。

人は生き方を変える事は難しい。

食い物の好みや服の趣味も簡単には変わるまい。

しかし競馬番組表を学ぶことが出来れば、

5等の当たりクジに群がる齢とったグッピーの群れを抜け出して、

本当の競馬とこれからの時間を過ごせるようになるだろう。

(片岡勁太)




2012年秋の新刊情報(1)

皆さん、こんばんは。 大変長らく御無沙汰しておりました。

原稿執筆の遅れから大幅な遅延が危惧された片岡勁太先生の2012年秋の新刊本が、何とかもうまもなく発売される運びとなりましたので、そろそろこのブログもウオーミングアップを始めたいと思います。

さてこの秋の新刊本に関する情報ですが、先程メタモル出版のI・Y出版部長様(?=正式な肩書は不明)より、休日にもかかわらず、カバー画像も含めて詳細な資料を送って頂きました。

今回の新刊本から片岡先生の担当になられたI・Y出版部長に進捗状況を確認しましたところ、既に先週末に原稿は校正を終了し、印刷所に送り届けられたとのこと。今月末には書店に並ぶ予定だそうです。

直近の最終更新が9月24日(火)の『メタモル出版HP~メタモルニュース』によりますと、新刊本のタイトルは『片岡勁太 逆襲』(予価1470円)となっていますので、「担当者が代わってタイトルも短くなったのかな?」と心配された方もいらっしゃるでしょうが、「ナンタラカンタラドウシタコウシタ」という非常に長いタイトルは今回も健在ですので御安心願います。

新刊本のタイトルは、『あなたがかる馬は「競馬番組表」の中にいる!~武装するJRAを完全制圧する最強の馬券術~です。

日本語として少しおかしい様な気もしますが、意味は通じるので、その辺のところは皆様御自身の判断に委ねたいと思います。

定価は「本体価格1600円+税」です。

キャプションや画像などの詳細な情報は、時間をかけて粛々と小出しにしていくつもりです。

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR