04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

『メールレポートこぼれ話』第2回(3)

本日のオマケ:『余白の泣き言』(本編)(14.3.22.)

半分は私の責任かも知れない。01#のレポートに「フラワーCは02#で」という先行配信の告知をしなかったからだ。

しかし、それにしても「24-3(*右上のページ欄に小さく記載されている今年24回目の配信の3頁目という意味の数字)という頁で終R(*最終12R)だけというのはあまりにも愛想が無いな」と(全体の中の)10人程の会員は思わなかったのだろうか。01#の取出し数と02#の取出しを較べると、それだけの会員がフラワーCのレポートをパスしているのがわかる。

先週も木曜日夜半から4頁分の先行配信を行い、土曜日分レポートでは「02#に先行配信文が入っているので取り出してもらいたい」旨お知らせしたが、実際には今日とほぼ同数の方がその4頁をパスして今週を迎えているから、つまり横着者(おうちゃくもの)の顔触れはほぼ固定しているらしいことがわかる。現在私のレポートを購読している会員の中に「能書きは要らないから買い目だけ書いて寄越せ!」というメンバーが居るとは到底信じ難い。

それとも会員たちは「丁度3月末で会費も切れるから退会するんだ。01#だ02#だなんて面倒は結構です。」という人たちなのだろうか。

確かに私のレポートは長過ぎるという批判に晒(さら)されてきた。それに関しては指摘を甘受せざるを得ないし、私なりの反省もあるのだが、先行配信は反省の結果でもあるのだ。

泣き言を申し上げるのは、フラワーCで主力に推した7番(*バウンスシャッセ)が勝ったからではない。「7頭も相手が居てはウンザリに違いない」と考えて、敢えて〇〇〇〇〇〇〇歴を外して3点に絞ったら、外した馬たちの中の2頭が同着2着と、いつもの失敗を繰り返してしまった。

しかし、7番を拾う根拠に納得してもらえたなら、中京10Rの3歳戦特別競走(*沈丁花賞)でも、16頭中で只1頭バウンスシャッセと同じキイを下げて出走して来た14番ハンマークラビアの7枠から、〇〇〇〇〇歴の持ち主たちへ流してみることは造作もなかっただろう。

私は例によって14番を頭とB馬(*1着候補馬と2着候補馬)で3連単を狙い、当然お守りの枠連(7-7)も狙ったのだが、来たのが同枠の13番の方で、馬券は(枠連)(7-6)□7(*3着枠は7枠)ということで57万馬券をしくじってしまった。マルチ馬券を組めば何でもない馬券だった。

もう火を噴く元気もなかったが、そういうポイントは書いてあるはずだ。止める前に02#で取り出しで見てくれ。
スポンサーサイト

『メールレポートこぼれ話』第2回(2)

本日のオマケ:『余白の泣き言』(補説編)(14.3.22.)

『片岡勁太の競馬番組表解読教室』 ネット会員各位 様
拝啓
皆さん、お疲れ様です。いつも当会をお引き立て頂き、誠に有難うございます。本日は配信時刻が大幅に推してしまい、大変申し訳ありませんでした。

そのお詫びという訳ではないのですが、本日のFAXレポートに『余白の泣き言』という、先生にとってはいささか凹(へこ)んだ話が書いてありました。先週の土曜日に引き続き、昨日(=祝・金)もてんてこ舞いだったようです。こちらのメールレポート会員の皆様方にとっては直接的にあまり関係に無い話なのですが、その中には皆様の今後の研究にとりまして若干参考になりそうな部分(=昨日中京10R沈丁花賞の回顧)もありましたので、一部転載させて頂きます(*ちなみに昨日のFAXレポートでも中京10Rには一言も触れていません)。

多分そのままお読み頂いても、何の話か分かり辛いと思いますので、ざっと補説させて頂きます。

以前にFAX会員であった経験をお持ちの皆様は御存知かと思いますが、『物語』を御理解頂く前提と致しまして、FAX会員の基本は今やNTTにとっての「お荷物(=本当は面倒だからもう撤退したい)」とされるFネットというシステムを使用しております。これはNTTのアナログ回線のみで可能なシステムで、他社の回線や、同じNTTであってもデジタル=光(ファイバー)回線では御利用になれません。

そのFネットシステムを利用して、FAX会員の皆さんは毎回少し面倒な(=慣れれば大したことはありませんが)作業をして、御自身で原稿を取り出す訳です。通常当日の原稿を取り出す場合には「01#」を、前日の原稿を取り出す場合には「02#」というのを、一番最後に打ち込みます。通常は、「土曜日」に「01#」を入力すると当日(=土曜日)分が取り出せ、「日曜日」に「01#」を入力するとやはり当日(=日曜日)分が取り出せ、「02#」を入力すると前日の土曜日分が取り出せる仕組みです。

そこで先週先生は初めての試みとして【特別講義】=『〇〇〇〇〇分析』を投稿したわけですが、その際にまずB4用紙4枚相当分を「先行配信」として「02#」に投稿し、その後で残り2枚分と当日分を「01#」に投稿しました。その旨を「01#」で告知したらしいのですが、説明が不十分だったので、案の定大混乱をきたして、問合せやら苦情やらのFAXの対応に追われてテンテコ舞いだったそうです。

にもかかわらず、今週と言いますか昨日は、通常の原稿量にもかかわらず「フラワーC」の記事(B4で2枚弱)を「01#」、「最終12R」の記事(B4で1枚弱)を「02#」に分けて入れながら、「今回はその事すら告知もせずに放置」したら、先週と同じことが起こってしまったというモノです。

そうした与太話はともかく、前述のように為になりそうな部分もありますので、おヒマな方は御覧になってみて下さい。 敬具

『メールレポートこぼれ話』第2回(1)

皆さん、こんにちは。

当シリーズ『メールレポートこぼれ話』の第1回は、本当に単なる『業務連絡メール』だったので、余程マニアックな方でも、「なんだかなあ」という感じだったかと思われます。

せっかく今週は桜花賞、来週は皐月賞ということなので、何かそれに纏(まつ)わる面白そうな話は無いかと探しましたが、何もありませんでした。

残念ながらそういうことですので、「更にディープな片岡ワールドを・・・」といった感じで、3週間前くらいのやりとりをお届けしたいと思います。

御覧頂ければわかりますように、タイトルには『メールレポートこぼれ話』とありますが、実際には『FAXレポートこぼれ話』と申しますか『FAX会員の皆さんと先生との師弟愛~絆(キズナ)』を、メール会員の皆様方に御紹介する内容となっております。

それほどたいしたモノではないのですが、一部に具体的な内容も含まれておりますので、会員の皆様方との信義上何箇所かは伏字にさせて頂きましたことを何卒御了承願います。

この後続きます(2)はこちらからメール会員の皆様への補説記事、(3)は先生のオリジナル原稿を若干修整したものとなっております。

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR