12
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
22
23
24
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本年の御礼】

皆さん、おはようございます。

当ブログ自体は最後の1か月間だけチョロッとでしたが、『片岡勁太競馬研究会』全体としまして、本年も1年間御閲覧頂き誠に有難うございました。

出来ましたら、来年もどうか宜しく御願い申し上げます。

本サイトと重複になりますが、先生から読者の皆様方への感謝のメッセージです。


「今年も1年間当サイトを御覧頂き、心より御礼申し上げます。来年が皆様方に良い年でありますよう。」

片岡 勁太 拝
スポンサーサイト

【勁太のつぶやき(4)】・・・「第9回カペラS(2)」

皆さん、おはようございます2。

先程12月11日(日)の「第9回カペラS」レポートの冒頭部分をお届けしたのですが、勁太クロースからのクリスマスプレゼントにしては少々物足りないかと思い、更に追加・増量することにしました。

先程の本文にもありましたが、会員の皆様方には

「番組表リテラシーの向上に努めて欲しい」

というのが先生の願いだということです。

【勁太のつぶやき(4)】・・・「第9回カペラS(2)」

(2016年12月11日(日)「カペラS」レポート冒頭部分の追加分)

交流重賞は先週の2名2にD18T(3歳56K/4歳上57K)のチャンピオンズCが行われ、年明け2月の中旬、1T8にもう1つのG1戦=フェブラリーS(D16T、57K一律)が行われる。

その僅かな隙間でカペラS(G3)・東海S(G2)・根岸S(G3・D14B)が開催されるのだが、D18/D16の両G1戦を目指す馬たちにとって、カペラSや根岸Sの存在はどう映るのだろうか。

仮にカペラSがD16やD18だったとすれば、競馬ファン全員がその奇妙さに気付くだろう。

それはダービーの翌週の府中で、3歳馬限定のG3戦を芝24で行うようなものだ。

カペラSはD12を争うことでその種の非難を免れて来た。

何故D16とD18に設計しながら、G1戦はおろかG2戦でさえ、D16以下の距離には上級戦を作らないのかは全く不明だし、D12という下級条件からOP特別まで数多(あまた)の競走が存在する距離の重賞が、たった1つだけという理由も不明だ。

その意味で私にとってカペラSは難解な競走と言わざるを得ない。

(以下、本文全文省略)

【勁太のつぶやき(3)】・・・「第9回カペラS」

皆さん、おはようございます。

今日は今年最後の大一番=第61回有馬記念(G1)です。

残念ながら、当会はFAX&メール会員の皆様方への信義上、それに関する片岡先生の見解等を、しかもレース前にここで申し上げるわけにはにはいきません。

しかし、その一方で今日はクリスマスでもあります。

なので、先生からのクリスマスプレゼントの代わりというほどのモノでもないのですが、この1年間の感謝を込めて、先々週のカペラS当日のレポートの冒頭部分を少しだけお届けしたいと思います。

【勁太のつぶやき(3)】・・・「第9回カペラS」

(2016年12月11日(日)「カペラS」レポートより冒頭部分抜粋)

先週チャンピオンズCが行われた直後なのに、今週はカペラSが行われる。

チャンピオンズCはD18(*ダート1800M)戦。2か月後のフェブラリーSもD16戦で別距離を争うのだから、開催時期を考えても意味がないという捉え方もできるが、カペラSのD12という距離は交流重賞全戦を通しても1戦のみである。

馬齢を問わず下級戦からOP特別まで様々な時期にD12戦は組まれているが、何故重賞では1戦だけなのか。

レースの行方を占うことも大事だが、こうした疑問と取り組んでみるのも番組表に対するリテラシーを向上させる意味では重要なことだ。

たった1戦しかないD12重賞に対して、大半のファンはOPクラスや16条件戦でのD12実績、持ちタイム等から答を得ようとするが、サンプルとして○○S・○○○S・○○○Sを取り上げてみたい(*○は伏字ですが、文字数は〇の数の通りです)。

(以下、本文全部省略)

それでは皆さんメリークリスマス!



【勁太のつぶやき(2)】・・・「ディセンバーS」

皆さん、おはようございます。

しばしの御無沙汰でした。

タイトルに「つぶやき」とありますが、ツイッターではないです。

片岡先生は四半世紀前の文壇デビュー(?)以来、競馬裏読み派界隈ではカリスマの名を欲しい儘にし、常に神格化されて来ました。

故に、オフィシャルブログ(?=「番組表理論セミナー16」)の方では、一般の読者の皆様方に対してそのブランド価値を傷つけないような配慮をしてまいりました。

しかしながらこちらのブログでは、勿論これまで通り個別のオペレーションの開示等は避けつつ、自虐記事やボヤキ等も含めて掲載し、より実際のFAX&メールレポートの雰囲気だけでも味わって頂こうと思っています。

【勁太のつぶやき(2)】・・・「ディセンバーS」

(2016年12月18日(日)「ディセンバーS」より冒頭部分抜粋)

土曜日は同じカテゴリーのリゲルSが酷いやられ方でグウの音も出ない有様だったから、その翌日に性懲りもなくディセンバーSをレポートするのは正直気が進まないのだが、駄目元で取り組んでみたい。

13年までのディセンバーSは、今開催5日目のメインレースとしてリゲルSと並列していた。

その構成が朝日杯FSの阪神転出により崩れ、14年からは自身が朝日杯FSの跡地である6日目の11R戦化して今日に至っている。

つまりディセンバーSは同じ○T○国芝B戦との並列開催を解消し、14年からはG1戦と対面する古馬OP特別化(・・・当然相手は朝日杯FS)したのだ。

(以下本文全部省略)

【勁太のつぶやき(1)】・・・「中京日経賞」

皆さん、こんばんは。

今回から新コーナー=【勁太のつぶやき】をスタートしました。

これは先生のFAX&メールレポートの記事の中から、具体的個別のオペレーションではないものの、先生が言うところの「番組表理論リテラシー」の向上に繋がると思われる部分を抜粋して掲載させて頂くものです。

気軽に読み飛ばして頂けると有難く存じます。

【勁太のつぶやき(1)】・・・「中京日経賞」

(12月17日(土)「4名5□11・中京日経賞」より冒頭部分抜粋)

「ウーン、今年も残り2週。万事思うに任せず、不本意な1年だった。」と今日に至っての泣き言も見苦しいが、中京11Rの中京日経賞(=4名5□11・□○K12T)に轡(*くつわ)を並べる18頭も、大半は私と同様の心境で臨んだに違いない。

いや、彼らにとっては残りは2週ではなく、中京開催は今週も以って16年開催を完結するのだ。

今日を限りに年明けにはどこかのプリマハムという馬もいるだろうし、年明けの1月14日からの1名(*1回中京開催)に向けての一叩きという馬など、様々な事情が交錯するのだが、今週を以って完結という考え方に立てば、当然どこを起点にして4名最終週は完結・ゴールを宣言しているのか考えねばならないはずだ。

(以下、本文全文省略)

【アーカイブス(1)】・・・2014.10.24

皆さん、おはようございます。

今月5日のスプリンターズS、先週の秋華賞を皮切りに秋季G1戦線が本格的に開始され、当ブログを御覧の皆さんも、既に臨戦態勢を整えていることだろうと思います。

ということで、週の初めから何度もお越し下さる皆様方には大変申し訳ないのですが、今週も残念ながら今現在先生の方から当ブログ向け原稿は届いておりません(キリッ!)。

「さすが勁ちゃん、余裕(?)っすね!」

みたいな感じです。仕方がないのでこちらが代わりに・・・。

【片岡勁太かくは語らず(2)】・・・『秋季G1戦開幕に向けての御挨拶』

(パーカーを着たままで失礼します。)

アシスタントの門前東陽(カドマエアキラ)です。ありがとうございます。

えーっと、何書いたらイイかわからないです。

んーっと、こういうのすごく苦手なんですけど、なんだろうなあ・・・。

でも、・・・なのにこんなにすごい御愛顧を頂けて、逆に誇りを持ちました、今。

なんか、「退院したら毎週ブログを更新しよう!」って御自身が宣言した時期もあって、

頑張ってみたつもりのようなんですけど、でもやっぱ無理でえ

でも片岡勁太ファンの人は負けじと、

先生を励まそうと、負けじと御見舞いのメールや叱咤激励のFAXを贈って来てくれて、ですごい、

片岡勁太ファンの人は、誰のファンの人よりも、

心が広くて優しいファンの人だなって、いつも思っています。

以上です。ありがとうございました。


プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。