02
:
14
18
19
20
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【番組表理論で遊ぼう(23)】

皆さん、こんばんは。

【番組表理論で遊ぼう(23)】・・・「今後の予定」

最初は軽いノリで始めた当企画ですが、何故かやっているうちに次第にが入ってきてしまいました。

しかしながらベトナム戦争のようにドンドン戦線が拡大し過ぎてしまったが為に、「風呂敷を広げ過ぎて収拾が付かなくなるのではないか?」といった危惧を持たれる方もいらっしゃるかと思われます。

その点に関しては勿論こちらにはそれなりの目算はあります。ですが、どうしても「データ」や「作表」を先に出す必要があるので、「いったい何時になったら本題に入るんだ?」という不安が生じるのも御尤もです。

なので、この先どういった内容の「考察」を始めるのか、ここでザッとお話しておきたいと思います。

この後、「総選挙投票権付きシングル」と「総選挙の結果を受けたシングル」における事実と実感のくい違いについてお話しする予定です。

また、基盤となるシステムの変更によって、内容面においてはどのような変化が生じたかについても考えていきたいと思います。

以前に「渡辺麻友と島崎遥香にはそれぞれ第1から第3までの3つの形態があるが、前田敦子はずっと同じ」と申し上げてしまいましたが、その後の考察の結果、前田敦子にも第1と第2があると考えるようになりました。

具体的には第1前田敦子=シンザン、第2前田敦子=シンボリルドルフというものです。

以前は、前田敦子をシンザンとするならば、渡辺麻友がミホシンザンで島崎遥香がシンボリルドルフ、前田敦子をシンボリルドルフとするならば、渡辺麻友がナリタブライアンで島崎遥香がスペシャルウィークまたはディープインパクトと考えておりましたが、第2前田敦子=シンボリルドルフという考え方をすることによって、後者(=渡辺麻友がナリタブライアン島崎遥香がスペシャルウィーク)と捉えた方がスッキリすると思い直しました。

また大島優子=ジャングルポケット理論松井珠理奈=ハイセイコー理論、指原莉乃=オグリキャップ理論、山本彩=メイセイオペラ理論、宮脇咲良=コスモバルク理論等々の仮説を唱えてみたいと思います。

まだまだ生煮えの部分もあるので、今後の成り行き次第で変わるかもしれませんが、中でも向井地美音=フサイチコンコルド理論にはかなりの自信があります。

何の自信かと申せば「番組表理論っぽく語る」自信ということです。

「オペレーションの鍵は、誰もが何の痛痒(つうよう)も感じないところにこそ宿る!」

という片岡理論の実証を試みていきたいと思います。

(*敬称略)
スポンサーサイト

【番組表理論で遊ぼう(22)】

皆さん、おはようございます。

【番組表理論で遊ぼう(22)】
・・・「片岡勁太参上!」

片岡先生が番組表理論を唱える以前においては、競馬関係者はともかく、殆どすべての競馬ファンは、

「競馬の1年というものは、正月の金杯に始まり、暮れの有馬記念で締め括られるのだ」

という情報操作に何の疑問も抱きませんでした。今でもかなりの人がそう思っています。

また、当時はオグリキャップが大ブームでしたが、その有馬記念を2度も勝った「オグリキャップこそが最強の馬!」なのだと信じ込んでいました。

片岡勁太はそんな時代に逆風を突いて颯爽(?)と登場し、

「競馬の1年はダービーからダービーまで。有馬記念は単なる冬場の盆踊りに過ぎない。」

「JRA競馬とは、世代NO.1馬であるダービー馬と、古馬NO.1である天皇賞(春)馬を選ぶゲームだ。」

「故にダービー馬でも天皇賞馬でもないオグリキャップなんぞは・・・・」

といった刺激的な物言いの数々で一躍脚光を浴びることとなり、今日まで続いています。

いわゆる「世間の常識を覆した」というやつです。

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。