04
:
1
2
4
5
6
7
8
9
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【番組表理論で遊ぼう(48)】

皆さん、おはようございます3。

【番組表理論で遊ぼう(48)】
・・・「ハイテンション選抜(4)」

一応今回がこのシリーズの最終回となります。

中井りかも総選挙は圏外だったものの、同様にNGT枠という感じで選抜されました。代わりにキャプテンで12位の北原里英が落とされた形です。しかしながら彼女は握手売り上げが凄く、年末のNHK紅白総選挙でも33位に入って、その後NGTのデビューシングルで支店センターの座を勝ち取るなど、期待に応えた形です。

込山榛香は本店15期でこれまでずっと同期の大和田南那や向井地美音の後塵を拝してきた形ですが、3~4年間かけて徐々に未勝利>500万>1000万>1600万と勝ち上がって来て、昨年の総選挙21位でアンダーガールズまで来たことで今現在は「OP特別で勝ち負けが出来る馬」まで昇り詰めたような感じです。

小栗有以は本店トヨタチーム8の東京都代表で、「ハイテンション」発売当時はまだ14歳の中学3年生でした。

チーム8に関してはいずれまた別の機会に詳しくお話しさせて頂きたいと思いますが、元々「若者の自動車離れ」を危惧したトヨタ自動車がスポンサーになって、全国47都道府県から代表を1人ずつ選出し、AKB48でありながらAKB本体とは別に独自の活動を続けながら現在に至っています。

本来の政治の方の総選挙(=衆議院選挙)で言えば小選挙区ではなく比例区、参議院選挙ならば地方区ではなく全国区といったような違いがあります。要するに本来のAKB48のオーディション合格者ではないので、最初の頃は格下というかニセモノ扱いでした。

但し、「先輩が誰もいないチーム」という意味ではオリジナルの1~3期のようでもありますし、初代チーム4のようでもあります。

そうした中で、「一過性のモノ」という当初の予想とは異なり、今現在結成4年目に突入していて、むしろ本店本体のメンバーよりも人気のあるメンバーが沢山生まれて来ました。

若いファンが多いのでまだまだ全員が総選挙自体は弱いのですが、そうした中で「新・次世代エース候補」の小栗有以が選出されたことは特筆に値するものと思われます。

ダラダラと書いていたら非常に長くなってしまいましたが、以上のような点を踏まえて前述の「ハイテンション」のMVをYouTubeで再度御覧頂きますと、初見の時とはまた違った印象を受けるのではないかと思います。

1着馬(=センター島崎遥香)や馬券対象の2・3着馬(=山本彩・指原莉乃)、或いは掲示板掲載の4・5着馬(=渡辺麻友・柏木由紀)だけでなく、出馬表に掲載された出走全馬(=メディア選抜メンバー)、更には全登録馬(=全メンバー)には、それぞれが背負わされた「番組表上の立場」があり、彼女たちはそうしたオペレーションに則って各自のパフォーマンスを行っているのだということが窺い知れます。

最後に1つだけこちらの感想を言わせて頂くと、総選挙の順位だけに拘るのではなく総合的な判断で、AKBの第1章は「前田敦子の物語」、第2章は「島崎遥香の物語」であると捉えることが可能で、それは取りも直さず「その成績にかかわらずJRA競馬の主体は『弥生賞馬の物語』である」ということの証左であると考えます。

3か月間もの長きに亘り、御閲覧有難うございました。

(*敬称略)

スポンサーサイト

【番組表理論で遊ぼう(47)】

皆さん、おはようございます2。

【番組表理論で遊ぼう(47)】
・・・「ハイテンション選抜(3)」

前々回より「ハイテンション」という、こちらの感覚でいうと秋天もしくはJCのような位置付けのG1戦(=年間4枚しか発売されないAKB48GシングルCD表題曲)の、出馬表及びその成績表に関しての考察を行っています。

特にそれを正当化する大義名分的なものはありません。

総選挙シングル以外では、AKB48Gの将来を見据えて、まだ太ヲタが少なく選挙基盤の弱い新人からも、有望株を抜擢して育成することが必要となって来ます。先述のようにミリオンセールスも維持していかなければならないので、まさしく「育てながら勝つ」といった感じでしょうか。

今回は半年前の総選挙上位者から、7位の須田亜香里(SKE)・10位の武藤十夢(チームK)・12位の北原里英(NGT)・17位の峯岸みなみ(チーム4)等が弾かれてしまいました。

また2年前まで2席ずつあったSKE(=松井珠理奈・松井玲奈)とNMB(=山本彩・渡辺美優紀)は、卒業した松井玲奈・渡辺美優紀の穴を埋めきれずにそれぞれ1席のみに削られたままです。

それに対して、今回HKTは指原莉乃・宮脇咲良・兒玉遥に加えて、未だ総選挙で圏外(=81位以降)の松岡はなまで選抜されました。先輩グループであるSKE1席・NMB1席に対して破格の4席です。

もっとも指原莉乃は元々AKB5期であることに加えてHKT劇場支配人という準管理職扱いですし、何と言っても総選挙のスリータイムチャンピオンなので、競馬で言えば半永久的に○優(=優先出走)権取得馬のような立場です。

宮脇咲良・兒玉遥は往年の「松井珠理奈・玲奈(SKE)」「山本彩・渡辺美優紀」のような「地方支店1期の2トップ」という立場で、なおかつ2人ともそれぞれ本店のチームAとチームKを兼任しているので、致し方ない気もしますがそれにしても差があり過ぎます。

松岡はなに関しては総選挙では圏外なので、さすがに未勝利馬とまではいわないまでも、まだせいぜい500万下か1000万下といったレベルの条件クラス馬なのですが、HKTのシングルではセンターに抜擢されています。加えてドラフト2期の出世頭なので、「ドラフト2期生枠」での選出という見方も出来ます。

いずれにしましても、以前に申し上げましたように、SKEは譜代大名、NMBは外様大名であるのに対して、HKTは親藩大名なので、AKBのシングルでは前者が冷遇、後者が優遇されるのは仕方ないかと思われます。

川本紗矢はドラフト1期の出世頭の1人ということで、やはり「ドラフト1期生枠」での選出という感じが致します。

(*敬称略)

【番組表理論で遊ぼう(46)】

皆さん、おはようございます。

【番組表理論で遊ぼう(46)】
・・・「ハイテンション選抜(2)」

ここでは前回の「ハイテンション選抜」の序列に関して、もう少し深く掘り下げて検証してみたいと思います。

以前にも申し上げましたように、AKB48グループは、毎年数十人の入れ替わりはあるものの、ここ数年国内だけでも常時350人前後のメンバーを抱え、なおかつ運営主体のAKS関係だけでも100人以上のスタッフが居るとされ、加えて関係するレコード会社やら取引先やらといった範囲まで含めると、膨大な数の人々の生活を支えていることになります。

なので、その売り上げに直接影響するセンターを初め、選抜メンバーのチョイスには、大勢の人々の人生が掛かっています。加えて、各チーム間や各支店間やレコード会社等といった大人たちの勢力争いだったり、様々な利害関係の対立等もあって、その選定には非常に重要な意味があります。

具体的には、単に人気上位者を選ぶのではなく、各チームの枠、各支店の枠、事務所枠等といった存在が挙げられます。

主催者JRAが調教師等を通じてもたらされる情報によって各馬の競走能力を把握しているのと同様に、恐らくAKBの運営も、表に出る総選挙の結果以外に、普段の握手券・グッズ等の売り上げや各種のデータを正確に分析で来ていて、主要メンバーの実人気をかなりの精度で把握しているものと考えられます。

故に図らずも今回、「ハイテンション」発売後にガチで争われたNHK紅白総選挙で1~3位となった山本彩・指原莉乃・島崎遥香の「実人気3強(?)」を、「ハイテンション」の序列2・3・1位に据えることが出来たのだと思われます。

順番に見ていくと、序列上位10位までの中で、「365日の紙飛行機」センター=山本彩と総監督=横山由依以外の8人には、既にAKB48シングル表題曲のセンター経験があります。つまりG1戦既勝利馬たちということになります。

各支店のシングルでのセンター経験者や、本店CDでのチーム曲・ユニット曲(=いずれも表題曲のカップリング曲)のセンター経験者などは、G2戦やG3戦の既勝利馬またはG1戦常連出走馬と見做す感じです。

前回の作表で行くと、3列目・4列目(=11~18位)あたりがこの辺のランクです。

(*敬称略)

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR