09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊関連エピソード(6)

皆さん、こんにちは。

またまた前回に引き続き、新刊=『万極』『まえがき』の続きです。

(前回=~2007年の札幌開催に勃発した「馬インフルエンザ」なのだ。=に続く)

1回札幌の第2節と同時に新潟・小倉も一斉に休止に追い込まれ、競馬マスコミからは連日年内の開催目途は立てられない状況といった不安情報が伝えられ、公営競馬までも休止に追い打ちされたファンには、正月の7日開催や9日目天皇賞どころではない一大パニックが巻き起こる。

 狂牛病に倒れた牛たちや鳥インフルエンザで大量殺処分される家畜たちの防疫対策を日頃テレビ画面で目撃している身にしてみれば、今年の暮れの有馬は、もしかしたら4頭立てかもと案じたことだろう。

 しかし、ご存じのとおり休止はその1週間だけ。翌週からは何事もなかったかのように通常の開催が再開された。いったいあの騒動は何だったのか。怪け 訝げんに思った人もいたに違いない。

 しかし、再開された競馬は決して通常どおりのものではなかった。休止の穴埋めとして秋の福島や暮れの中京は10日間化、5回東京、5回京都も9日間化したし、さらに開催される競馬日の増減は翌2008年の1回福島6日間化、1回中京10日間化へと拡大し、その余波は1年を経過した2008年秋の3回福島10日間化、3回中京6日間化へと続いていく。この時点で第3場(福島、新潟、小倉など)の変則開催は完全に常態化したのだ。

 今年の2回東京、3回京都12日間開催と、それに続く4日間競馬の夏季番組、3回東京開催や秋季番組に設計されている4回新潟、3回福島、3回中京の各6日間競馬なども、元を糾ただせば2007年夏、インフルエンザに名を借りて1週間開催を中止した事件を震源とする壮大な情報操作のなせる業だ。

(以下、次回(7)に続く)



スポンサーサイト

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。