08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メールレポートこぼれ話』第2回(2)

本日のオマケ:『余白の泣き言』(補説編)(14.3.22.)

『片岡勁太の競馬番組表解読教室』 ネット会員各位 様
拝啓
皆さん、お疲れ様です。いつも当会をお引き立て頂き、誠に有難うございます。本日は配信時刻が大幅に推してしまい、大変申し訳ありませんでした。

そのお詫びという訳ではないのですが、本日のFAXレポートに『余白の泣き言』という、先生にとってはいささか凹(へこ)んだ話が書いてありました。先週の土曜日に引き続き、昨日(=祝・金)もてんてこ舞いだったようです。こちらのメールレポート会員の皆様方にとっては直接的にあまり関係に無い話なのですが、その中には皆様の今後の研究にとりまして若干参考になりそうな部分(=昨日中京10R沈丁花賞の回顧)もありましたので、一部転載させて頂きます(*ちなみに昨日のFAXレポートでも中京10Rには一言も触れていません)。

多分そのままお読み頂いても、何の話か分かり辛いと思いますので、ざっと補説させて頂きます。

以前にFAX会員であった経験をお持ちの皆様は御存知かと思いますが、『物語』を御理解頂く前提と致しまして、FAX会員の基本は今やNTTにとっての「お荷物(=本当は面倒だからもう撤退したい)」とされるFネットというシステムを使用しております。これはNTTのアナログ回線のみで可能なシステムで、他社の回線や、同じNTTであってもデジタル=光(ファイバー)回線では御利用になれません。

そのFネットシステムを利用して、FAX会員の皆さんは毎回少し面倒な(=慣れれば大したことはありませんが)作業をして、御自身で原稿を取り出す訳です。通常当日の原稿を取り出す場合には「01#」を、前日の原稿を取り出す場合には「02#」というのを、一番最後に打ち込みます。通常は、「土曜日」に「01#」を入力すると当日(=土曜日)分が取り出せ、「日曜日」に「01#」を入力するとやはり当日(=日曜日)分が取り出せ、「02#」を入力すると前日の土曜日分が取り出せる仕組みです。

そこで先週先生は初めての試みとして【特別講義】=『〇〇〇〇〇分析』を投稿したわけですが、その際にまずB4用紙4枚相当分を「先行配信」として「02#」に投稿し、その後で残り2枚分と当日分を「01#」に投稿しました。その旨を「01#」で告知したらしいのですが、説明が不十分だったので、案の定大混乱をきたして、問合せやら苦情やらのFAXの対応に追われてテンテコ舞いだったそうです。

にもかかわらず、今週と言いますか昨日は、通常の原稿量にもかかわらず「フラワーC」の記事(B4で2枚弱)を「01#」、「最終12R」の記事(B4で1枚弱)を「02#」に分けて入れながら、「今回はその事すら告知もせずに放置」したら、先週と同じことが起こってしまったというモノです。

そうした与太話はともかく、前述のように為になりそうな部分もありますので、おヒマな方は御覧になってみて下さい。 敬具
スポンサーサイト

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。