06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勁太のつぶやき(11)】・・・「朝日杯FS(7)」

皆さん、こんばんは。

今週末から2開催目が始まります。

さすがに朝日杯FSのレポートの御紹介は今回で最後にします。本編はまだまだこれからだったのですが・・・。

12月18日(日)から既に40日間が経過しているのですが、この日は更にディセンバーSのレポートもあって、これを毎回数時間で読み解かねばならないので、会員の皆様方は本当に大変です。

もうこれ以上毎回有料レポートを晒(さら)す訳にもいかないので、次回からは【番組表理論で遊ぼう】という実験的な超長丁場の新企画を始めるつもりです。

【勁太のつぶやき(11)】・・・「朝日杯FS(7)」

(2016年12月18日(日)「朝日杯FS・・・『絶縁状発布』」より冒頭部分抜粋(7))

5T初日に未勝利Vし、年明けの1T2の5特=セントポーリア賞を連勝で飾った馬は、初重賞・49回共通杯2着から75回皐月賞を奪取したのみならず、そのまま82回ダービー馬へと上り詰めた。

そのドゥラメンテの姿を追うように16年のダービー馬となったマカヒキの戦歴もまた、2歳4K5新馬V、年明けの若駒S、53回弥生賞と3連勝で76回皐月賞2着と、朝日杯FSや周辺競走群とは完全に隔離された場所だけを走ってダービーへ到達している。

ダート戦連勝で朝日杯FSに忽然と姿を現したアジアエクスプレス、消滅重賞=ラジオNIKKEI杯2歳Sを自身の初タイトルとして、※□消・81回ダービーへ駆け上がったワンアンドオンリーは、今年を含めたその後の2歳G1戦~3歳クラシックの予兆であり、予告編だったのだ。

(以下、本文全部省略)

スポンサーサイト

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。