09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊非関連エピソード

皆さん、こんにちは。

当ブログとは直接関係ないのですが、某ブログの過去記事で下記のようなものを発掘しました。日付は2008年10月26日になっています。何度も申し上げますが、当ブログとも片岡先生の新刊本=『万極』の内容とも、直接的に何の関連性もありません。

『井崎脩五郎先生万馬券!』

井崎脩五郎大先生が、菊花賞の万馬券を示唆した。

 馬連17820円、馬単26980円、複勝でも850円もついた。

 詳しく説明すると、東京スポーツの『そりゃホントカ、井崎亭』というコラムで、菊花賞で15番人気ながら2着に入った1枠1番フローテーションを軸に指名したのである。

 その理由が凄い。近所の銭湯に『10月26日(日)は風呂の日』と貼り紙がしてあったので、風呂から『フローテーション』を連想したというのだ。

 普通こうした場合、「10」とか「2」とか「6」とかを取り上げて、枠連の(2-6)だとか、3連単は「10-2-6」だとか言うものである。それを、フローテーションとは・・・。

 井崎先生は、大川慶次郎先生より何万倍も競馬に関する造詣が深い。
 私に言わせれば、格が違うのである。

 今年のクラシック(秋華賞も含む)はここまで5レースともすべて万馬券。しかも皐月賞もダービーも1枠1番が馬連に絡んでいる。拙著でも御紹介したように、18頭立ての3枠5番と7枠14番はスペシャルゲートである。その7枠14番に1番人気のオーケンブルースリーが入り1着となり、結果的にその『対角同枠であり、かつ平行同枠』であるところの3枠5番ナムラクレセントが3着となる。

 2番人気の5枠9番マイネルチャールズは、3冠レースをすべて5枠9番で走り、3・4・5着であった。この馬も、7枠13番バプティスタのように、永遠に語り継がれることだろう。

 ちなみに、井崎先生があげたもう1頭1枠2番のノットアローンは、18頭中最下位の18着であった。さすがは井崎先生、恐るべし脩五郎!




スポンサーサイト

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。