06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【番組表理論で遊ぼう(42)】

皆さん、こんばんは。

【番組表理論で遊ぼう(42)】
・・・「渡辺麻友=ナリタブライアン理論」

スプリングS馬=渡辺麻友は、06年12月9日に3期生としてお披露目され、翌07年4月8日のチームB・1st公演初日を迎えて公演デビューします。

なので、17年4月8日(土)の「3期生10周年公演」で既に在籍期間が10年4か月を越えているということになります。

前田敦子・島崎遥香の在籍期間がともに約7年だったことに比べるとかなり長めです。

この新チームBでは当初から中心メンバーと申しますか実質センターで、7月18日発売されたメジャー4枚目のシングル「BINGO!」で同チームBの柏木由紀・奥真奈美とともにいきなり歌唱メンバー(=メディア選抜)に選ばれ、鮮烈なデビューを飾ります。

このとき彼女はまだ12歳114日です。

(*因みにこの時点での選抜最年少記録は同僚の奥真奈美の11歳237日でしたが、彼女はこれが最初で最後の選抜で、後に松井珠理奈(SKE)の11歳228日という記録に抜かされます)

総選挙順位・・・4>5>2>3>1>3>2>(4)

在籍期間・・・06年12月9日(=チームBお披露目、1ST公演初日=07年4月8日)~

上記のように、総選挙順位も開始以来「全戦で掲示板掲載順位(5位)を維持」している唯一のメンバーなのですが、連覇を狙った14年の総選挙で3位に甘んじた辺りからやや停滞気味となり、地上波(フジテレビ)で主演の「書店ガール」が視聴率的に最悪だったり、前回(41)でお話ししたようにNHK紅白総選挙では4位となり、初めて同年齢ながら9期で3年後輩の島崎遥香の後塵を拝してしまいます。

その姿がどことなく、2歳初期からずっと活躍し続け、朝日杯3歳Sを勝ってスプリングS馬として3冠馬となり、そのまま有馬記念まで勝ちながらもその後は怪我に泣き、結局古馬になってからは天皇賞もジャパンCも有馬記念も勝てず、最後は芝3200Mの春天2着の4週間後に、その年からG1戦化した芝1200M戦=高松宮杯に何故か参戦して4着に敗退し、そのまま引退したあの馬とダブってしまいます。

ナリタブライアン・・・21戦12勝2着3回、9億4742万
93年:新馬2着・新馬1着・函館3歳S6着・きんもくせい特別(500)1着・デイリー杯3歳S3着・京都3歳S(OP)1着・朝日杯3歳S1着
94年:共同通信杯1着・スプリングS1着・皐月賞1着・ダービー1着・京都新聞杯2着・菊花賞1着・有馬記念1着
95年:阪神大賞典1着・秋天12着・JC6着・有馬記念4着
96年:阪神大賞典1着・春天2着・高松宮杯4着

(*敬称略)

スポンサーサイト

プロフィール

片岡勁太

Author:片岡勁太
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

AMAZON

楽天

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。